スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

京都サンガ戦 負けました

昨日の京都戦は見ごたえありましたね。
J1実績のあるタレント揃いな京都に対して 終了間際まで一歩も引かずの善戦。
相手は上田選手クラスが11人とまでは言いませんが 7・8人はいたイメージ。
それでもファジは 前からのプレス・球際で負けない・身体をはった守備 で
明らかに地力が上回る京都を終了間際まで自由にプレーさせなかったのは素晴らしかったです。

ただ押谷選手・清水選手の交代で 前からのプレスが緩くなり
ファジがバランスを崩した事で京都が思い通りに攻撃できる場面を増やしてしまった。
采配の問題か それとも押谷選手・清水選手のスタミナの問題かはわかりませんが
後者であれば やはりチームとしての地力の差。
その2選手がスタミナを消耗するほど 相手が強く、しかもその2選手に変わって出た選手の
スタイルが2選手と大きく違っていた・・・そういう事ですね。
特に押谷選手と石櫃選手の攻防は見ごたえがありました。

相手チームの京都は実はファジに来て欲しいと願った好きな選手が多かったです。
神戸時代から注目していた石櫃選手に田中選手、大分時代も脅威だった三平選手、
スピード・スタミナ・技術が揃った工藤選手に駒井選手、京都の壁 パヤリッツァ選手。
それに伊藤選手も昨日の苦い思い出とともに いつか自チームで見てみたい選手となりました。
そこに代表経験がある大黒選手に山瀬選手が加わっているのですから チームとしても見ごたえあり。


余談ですが 実は山形戦のウーゴ選手の交代も不思議でした。
確かにウーゴ選手は2人がかりでマークされ 機能していなかったのですが
ウーゴ選手を外す事で マークしていた山形の選手が楽になり
トータルで山形は試合がやりやすくなったように思います。

影山監督はもしかすると交代は自チームの足し算・引き算だけ考えて
それに起因する相手チームの足し算・引き算を考えられてないのではないか。
そう感じました。

本当は5年かかってPOに出たという実績を影山監督に作って欲しい。
選手はそれを叶えてあげて欲しい・・・そう思います。
ただ やはりそこまでに至るのが困難になったのは監督にも大きな原因がある そう感じました。


またかなり昔にフィジカルコーチの必要性を書いたことがありますが、
二年連続失速した事は やはりそこが問題ではないかと思います。
身体的ケアや食事などだけでなく 走り方やちょっとした動作から指導して
消耗の少ない身体を作る事はチーム以上に所属する選手にとって重要ではないでしょうか。


サッカーで「残り試合数の勝ち点差は追いつける」という話を聞いた事がありますが、
そこから考えると残り3試合で6位の大分とは勝ち点6差あり
その間に札幌・山形・京都の3チームいるという事は非常に難しくなったと感じます。
まぁもちろん諦めない事は大事ですし、そうなれば自分も狂喜乱舞ですが。
でも札幌戦・山形戦・京都戦 と見て どちらのチームがPO出場に相応しいか。
それを相手チームだと感じたのは自分だけでしょうか。

チームの長い目標は100年続くクラブ。
昨日のコレオもその一歩であり チームにブレはありません。
今年の昇格は非常に難しくなりましたがファジアポは何も失っていない。
残り3試合もしっかり応援したいですね。


さらに余談ですが・・・ブーイングは耳にうるさいので苦手ですが
試合に対してきちんと意思表示するのもサポの大事な役目であり優しさではないでしょうか。
チャントを続ける、拍手で迎えるだけではなく 時には無言で迎える。
ファジサポにはそれが少し欠けている気がします。

JUGEMテーマ:岡山ネタファジアーノ岡山にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へにほんブログ村 サッカーブログ JFL・地域リーグへにほんブログ村 サッカーブログへ

コンサドーレ札幌戦 勝ちました


 札幌戦は2−0で勝ちましたね。
 冴えない時は静かだったサポブロガーも途端に活性化したよーです。(笑)

 久々に声が枯れました。
 それにしても個人技で決め手のある札幌と急造DF陣のファジで難しい試合になると思っていた札幌戦ですが、終わってみれば2−0で完勝。
 札幌からすれば、あの都倉選手のヘッドが決まってれば、あのホスン選手の不用意なパスが無ければ、だと思います。
 ファジも前々節の北九州戦では、荒田選手のハンドをとって貰えてたら、とか思いましたから、サッカーはやはり流れが大事なんだなーと思います。

 今節は前から後ろまでうまく機能していましたね。
 前の三人は 身体を張る久保選手、流れを作る林選手、相手DFをこじ開ける石原選手。
 ボランチ二人はそれぞれボール奪取もうまくはまり 上田選手は攻撃の起点となり 島田選手は前から後ろまでいろんな場面に顔を出す。
 DF陣も後藤選手が相手の攻撃の要      
 都倉選手に身体を張って対応し、田所選手と鎌田選手が相手の攻撃の流れを断ち切る。
 中林選手も安定した守りを見せ、両WBも攻撃・守備にもしっかり絡む。

 個人的には島田選手が運動量と判断の良さで試合の流れを作った事が大きかったように思えます。
 得点前は既にかなり疲れが見えましたが、それでもあそこに飛び込んでくる事が素晴らしい。

 上田選手はJ2では反則級ですね。
 逆に言えばそんな選手でさえ、J1でスタメンをはり続ける事が難しい・・・J1までの遠さを感じた一戦でもありました。
 植田選手にストヤノフ選手、田所選手に服部選手、島田選手に上田選手となるかもしれません。
 石原選手は自分のポテンシャルを試合できちんと出せるよーになったと思っていいでしょうか。アシストしたあの粘りこそ真骨頂ですね。
 DF陣は後藤選手がシンプルに身体をはり、他の二人がバランスをとっていたように見えました。それはそれでありなのでしょう。

 札幌はやはり都倉選手が脅威でしたね。コーナーの連続ではいつやられるかとハラハラしっぱなしでした。
 前田選手もいろんな場面でうまさを見せました。スタミナがあればJ2にはいない選手でしょう。
 榊選手は嫌な選手(褒め言葉)でしたね。古田選手とともに長い時間両サイドでガツガツやられたら、相手選手はヘトヘトになりそう。
 ホスン選手は失点に繋がるパスはありましたが、林選手のシュートを止めた場面など含めて、やはり安定したいいキーパーでしたね。

 ネクストも勝っていましたね。
 観てないので結果しかわかりませんが、藤岡選手と飯田選手が決めたとの事。

 さて、明日は既に山形戦。
 浮かれるのはこれくらいにして、また気合い入れましょう。

JUGEMテーマ:岡山ネタファジアーノ岡山にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へにほんブログ村 サッカーブログ JFL・地域リーグへにほんブログ村 サッカーブログへ



次節 札幌戦はどーでしょうね


 どーでしょうねっても、先週悲しい思いをしたので、観に行くかどーかって話しではないです。(笑)

 次節 札幌戦はなかなか辛いですね。
 内村選手は欠場のようですが、ゴール前で様々なアイデアを見せる前田選手、植田選手と同じくらいの高さがありフィジカルの強さはファジ昇格初年度に痛い目にあって折り紙つきの都倉選手、曲者 菊岡選手もいますし、GKはJ2屈指のキーパーが二人で競ってます。

 特に都倉選手の高さ、前田選手の突破は脅威でしょう。
 今の高さも連携も不足している急造DF陣なら、軽く蹴散らされるのが目に見えるようです。
 失点は少なくとも2点くらいでしょうか。
 ってことは、これまでのリーグ戦で1試合に1点しかとった事がないファジは敗戦必須。

 冷静に考えるとそーなってしまうんですが、まぁそれはあくまでも戦前予想であって本当はどーなの?って部分を楽しみに観に行きましょう。(笑)
 もっとひどい試合になるかもしれないし、好試合になるかもしれない。
 それでも選手は全力でやるだろうし、全力でやる選手は応援しないわけにはいかないですね。

 個人的には林選手と染矢選手が楽しみ。
 林選手はレベルが高いながらも、今はそれを理解して周りが合わせていかないと生きない感じに思えます。
 自分が誰かを使ったり、使われたりという面で成長すべき余地はたっぷりですから、時間が経つにつれて面白くなっていくはず。
 染矢選手はまだチームのやり方を模索してる感じでしょうか。
 ファジは選手の武器や個性より、いかに監督に忠実かが重要視されている気がしますので、そこでどう折り合いつけ、自分のプレーの落とし所を見つけるか・・・な気がします。
 あと、田中選手は出ないんですかね。
 久木田選手もそこそここなしてますが、ゴール前までガツガツ行くプレーやクロス精度は田中選手の方が意外性もあって面白いんじゃないかと思うんですが。

 既に明後日ですね。
 楽しみです。
 
JUGEMテーマ:岡山ネタファジアーノ岡山にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へにほんブログ村 サッカーブログ JFL・地域リーグへにほんブログ村 サッカーブログへ


北九州戦とネクスト ホンダFC戦 負けました


 北九州戦とネクストのホンダFC戦はそれぞれ0ー3と0ー5で負けました。
 両試合足して0ー8というサポのメンタルを試される一日を過ごしたのは約700人くらいでしょうか。

 北九州戦は守備陣が竹田選手・植田選手・近藤選手と三人不在。
 一点目は前に出た後藤選手がかわされて、ゴール前で人が足らず失点。
 その後セットプレーからの失点はゾーンディフェンスの穴をつかれた感じでしょうか。
 三点目は久木田選手が倒されてのんびりとファールのアピールをしてるところをうまく決められました。

 相変わらず相手選手から「スカウティング通りでした」みたいなコメントが出るのはがっかりですね。
 印象に残ったのは攻守とも連携の悪さでしょうか。最初は連携を考えて攻撃しつつも、徐々に諦めて最後は個々の選手が破れかぶれに攻めていく感じでした。
 また守備陣はラインコントロールが微妙で、真ん中の後藤選手はボール持つたびに出しどころがわからずオロオロといった感じでしたね。
 「難しい事は竹田選手に任せて、自分は身体を張るだけ」と以前言ってた後藤選手ですから、CBの真ん中は難しい気がします。

 選手スタッフ全員で組んだ円陣も終わってみればなんだったんだ?という印象。
 帰り際にどこからか「なんだよ ここのサポ。あんな試合後でもヘラヘラ笑ってまったりした雰囲気」とバカにしたよーな声が聞こえてきました。


 ネクストは0ー5の完敗。
 ただ試合としてはまぁあんなものだろうという印象です。
 昨年に比べるとチーム力が落ちたのは明白。
 また、相手チームとフィジカルを比べてもかなり違ってましたし、球際でリスクを負わない消極的なプレーが見えました。(人数的に苦しい事もあるかもしれません)

 ただチームとして少しずつ積み上げてきてるものはありそうですし、熟成が足らないのはやむなし。
 柱となるべき西原選手・新中選手あたりがチームを引っ張っていくプレイが出来れば、もっと強くなってくでしょうがそこは次の世代に期待ですね。
 選手個別にみるとWBの小林選手が非常によく見えました。ボール奪取もうまく、スピードの乗った攻撃も見せました。
 また、ユース上がりの選手もそれぞれ個性を出して伸びてきてる様子。
 ただ、昨年から輝きを見せていた飯田選手・幡野選手・ダイム選手あたりはチーム戦術に縛られてか、自分がやりたい事が自由にやれてない印象。

 ホンダFCは完成度の高いチーム。
 試合運びも熟練してるし、連携もしっかりしていました。

 JFLとJ2の間で観客の入れ替えは当たり前ですが、JFLの試合後に座席の場所取りくらいは出来てもいい気がします。
 それが出来ればJFLの動員も増えますでしょうから。
 
JUGEMテーマ:岡山ネタファジアーノ岡山にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へにほんブログ村 サッカーブログ JFL・地域リーグへにほんブログ村 サッカーブログへ
 

閉塞感漂ってますね


 ここ三試合(水戸・大分・湘南)を観てないので状況はよくわかってないのですが、順位はかなり下がってます。

 ネットで見る限りはサポの中に閉塞感が漂ってますね。
 湘南戦で力の差を感じた事と、次節戦う東京Vが(ファジと開幕戦で引き分けた)富山を3ー0で下した上り調子な事もあるのでしょう。

 湘南戦では走り負けない事をいつもうたってるファジが走りでも圧倒された事、J1からの降格とは言え選手の入れ替えも多かった湘南より積み上げたものが無く感じた事、試合後の監督談話でも監督自身の戸惑いが見える事などでかなりがっかりしたのでしょうね。
 ダイジェストで一部を見るだけでも湘南攻撃陣にファジ守備陣が圧倒されていそうでしたし、湘南のサッカーが非常に楽しそうに見えました。

 それからもしかして自分の考えすぎかもしれませんが、スタッフと選手や選手間での信頼が崩れている気がします。
 それは監督の方針や采配であったり、選手が互いに理解しあえてない部分であったり・・・。

 まぁでもJ2を戦う上で影山監督の力量が他チームの監督より秀でていない事はもうとっくにわかっていた事。
 特にスカウティングや試合中の修正が出来ない点で自分はそれを感じます。

 しかし単純に選手だけを見ると、上田選手・中林選手・林選手・押谷選手・鎌田選手・染矢選手・久保選手あたりはJ2でも上位の選手ですし、千明選手・島田選手・荒田選手・石原選手・田中選手・片山選手あたりも他チームの同ポジションの選手と比べて決して見劣りしない。
 そこから考えるとわざと負けるような采配をしない限りは、最低でも中の下くらいの順位はじゅうぶんあるはず。
 そういう意味では直近はともかく、今期という長いスパンではよほど信頼関係が崩れてない限りは心配ないと思います。
 信頼関係が崩れてるのであれば、それだけはなんとかして欲しいですね。

 自分は岡山ネイティブじゃないのでよくわかりませんが、岡山県民は勝ち馬にしか乗らないという話を聞いた事があります。
 でもそんなスタンスならサポなんてやってられない・・・こういう時期こそ冷静なサポの支えが必要な時期だと思います。
 
JUGEMテーマ:岡山ネタファジアーノ岡山にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へにほんブログ村 サッカーブログ JFL・地域リーグへにほんブログ村 サッカーブログへ


水戸ホーリーホック戦 勝ちました

 水戸ホーリーホック戦は1−0で勝利しましたね。

 ダイジェストしか見てないですが 久保選手がうまさを見せて得点。
 自分はもう少し不器用な選手かと思ってたんですが、間違いだったようでこれから楽しみです。

 監督や選手インタビューを見ると 引いて守ったようで開幕からやってきた事と違うイメージですが、何がなんでも閉塞感を払拭したかったという事でしょう。
 次節以降 どういう戦い方をするのかが楽しみですね。
 次は押谷選手・荒田選手あたりに得点が欲しいですね。

<勝ち点>
12:湘南
11:
10:松本山雅
09:
08:栃木、横浜
07:磐田、京都、札幌、大分、長崎
06:岐阜、水戸、群馬
05:福岡、愛媛
04:山形、岡山、熊本、千葉
03:北九州
02:
01:東京V、富山
00:讃岐

JUGEMテーマ:岡山ネタファジアーノ岡山にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へにほんブログ村 サッカーブログ JFL・地域リーグへにほんブログ村 サッカーブログへ


 

ネクスト ヴェルスパ大分戦 負けました

 ネクストの大分戦は0ー1で負けましたね。

 ホーム開幕戦だから1000人は行くんじゃないかと思ってた観客は640人。
 シーズンパスは400番台でした。
 今回はメインとバクスタで半々くらい入ってましたが、自分は日が照って暖かいバクスタ側で見ました。
 できればメインかバクスタかどちらかに観客を集める方がいいかもしれませんね。
 トップとの同時開催なら もっと入るのでしょう。

 試合は最初はネクストペース。
 いつ点が入ってもおかしくない感じでしたが、ゴールに至るプレーはなし。
 それでも狭い場所への縦パスなどを含めて、トップでもこういうプレーをやりたいんだろうなという印象。
 時間経過とともに徐々におされるようになり、失点後も選手入れ替えが機能せず、そのまま敗退。
 選手数が少ないため、選手が変わるたびにやりくりが大変そうです。

 前半は飯田選手の躍動が目立ちました。
 運動量も多く、パス精度も高く試合の流れを作ってました。
 前半のプレーが90分続くなら、十分 トップでやれるはず。

 ダイム選手はトップの石原選手のように、ボールを持つとサポが湧きます。
 前へ運んでからのプレーがこれから課題。
 ただ、反対の左サイドからの攻撃時にも、相手ゴール近くに入って行くプレーが欲しい。

 幡野選手も狭い場所へのスルーパスなど見せ場を作りました。
 それでも本来は もっともっとやれるはず。
 フィジカルはもうすこし鍛えてほしいですね。

 ユース昇格組の加藤選手、田中雄選手、板野選手はクレバーなプレーでなかなか良かったです。
 それぞれ大きなミスもなく キープ力や視野の広さもみせていたと思います。
 次は注目してゆっくり見たいです。

 奇特選手・藤岡選手・西原選手・新中選手は悪くは無いんですが、これでトップに上がるんだというストロングポイントが見つからない。

 松原選手はキックの精度が高く感じました。(笑)
 失点シーンは どちらかと言えば その前にDF陣の寄せが甘かった感じですし、素晴らしいシュートでしたので相手の福満選手を讃えるべきだと思います。

 次のホーム戦は二週間後。
 なんか毎週 カンスタに行ってるような・・・。(笑)


JUGEMテーマ:岡山ネタファジアーノ岡山にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へにほんブログ村 サッカーブログ JFL・地域リーグへにほんブログ村 サッカーブログへ
 

楽しみはこれから

 開幕ダッシュに失敗して ファジサポの間には閉塞感が漂ってますが、これからはどうでしょうね。

 まだ染矢選手・田中選手・清水選手といった面白い選手が出て無いこと。
 片山選手・島田選手・鎌田選手もまだまだ物足りないでしょうし、林選手・久保選手も今後はさらにフィットしてくるでしょう。
 そう考えると楽しみはまだまだこれからですね。

 個人的にはこんなのを見てみたい。

 林選手、片山選手、清水選手
 染矢選手、田中選手
 島田選手、千明選手
 植田選手、鎌田選手、後藤選手
 中林選手

 石原選手、押谷選手、荒田選手、久保選手あたりもどこかに入れたいところ。
 相手からみて、
  ・前三人は油断がならない。
  ・両WBはかなりウザい。
  ・ボランチは球際に強い。
  ・最終ラインもスピードがある。
  ・GKは堅い。
 という感じにならないかなというのが意図。

 開幕三試合での各チームの成績はこんな感じ。
 相手がある事ですので、それぞれの勝ちや負けの意味は違うのでしょう。
 開幕前に予想してた以上に強く感じるのは湘南・岐阜・群馬・栃木、もっと強いはずではと思うのが横浜・京都・札幌・愛媛・東京とファジ。

 三勝
  湘南
 二勝一引分け
  松本
 二勝
  磐田、岐阜、水戸、大分、群馬
 一勝二引分け
  栃木、横浜
 一勝一引分け
  山形、京都、福岡、長崎、千葉、札幌
 一勝
  熊本、北九州
 二引分け
  愛媛
 一引分け
  ファジ、東京、富山
 未勝利未引分け
  讃岐

 土曜はアウェイ 水戸戦もありますが、ホームでネクストの試合もあります。
 個人的に期待してる飯田選手・幡野選手・ピアカイ選手・ダイム選手・田中雄選手やもちろんそれ以外の選手も含めて一年間じっくり見られるのが楽しみ。

 自分は影山監督にファジをJ1まで押し上げる力は無いと思ってますので、続投が決まった時点で今年の昇格は無いと考えてますが、それでもファジの戦いを見て選手の成長を見て応援したい。
 その考えが間違っていて、昇格でもしようものなら、嬉しい事ですが。(笑)

 まぁ、次節もその次もサポの力で閉塞感を消し去りたいですね。

群馬戦 負けました

 群馬戦は1ー2で負けましたね。

 前半は群馬がある程度 支配しながらもスコアレス。
 後半はボールを持たされて前がかりになったところをカウンターで2失点。
 まんまと相手の策にしてやられた感じがしますが、林選手の個人技でなんとか1点返して終了。

 まぁ一対一に負ける事も多かったですし、一歩目が明らかに群馬より遅かったですね。
 竹田選手・仙石選手・千明選手といった要となる選手のミスも多かったですし、また相手ゴール前で選手同士のやりたい事が、バラバラな気がしました。

 今回はスタメンを見てびっくりでした。
 少なくともチームの中でワンランク上だと思える林選手・鎌田選手を出さない理由がわからない。
 ゲート10でさえ試合後に「監督〜どないすんねん?」「監督〜ホームでは少なくとも負けんなや」「こんなんでJ1なんか行けるかー」など監督に対する不満が出てましたし、ネットでも多く見かけました。

 林選手は非常にいいですね。
 試合中でも自分の役割を固定せず、何が不足してるかを考えたプレーができる選手。
 この選手を軸に攻撃を組み立てるべきだと思います。

 久々の植田選手はやはり制空権で非常に有効。
 多少のやらかしはあるとしても、最終ラインに必ずいて欲しい選手。

 群馬ほほんとによく動いてきましたね。
 また執拗なコーナーでのキープや、わざとらしく時間を使う交代やゴールキックがなかった事も好感が持てました。
 そういう事もふまえて完敗の印象。
 ちなみに青木選手も三人目の交代で出て来て キャプテンマークをまいていました。

 開幕からの三試合の相手はリーグの中でもそれほど強いチームでは無かったはず。
 群馬はサカダイの降格予想で讃岐の次でしたし、富山はファジよりも今は下の順位、千葉も昨年より少しパワーダウンした感じでエースのケンペス選手も出てませんでした。
 こういった対戦で勝ちを重ねられないようでは、あと互角に戦えるのはどこがあるんでしょうね。

 対戦相手も楽だと思います。
 昨年一年間分のスカウティングがそのまま使えるような戦いしか、ファジは選ばないのですから。

 次は苦手の北関東 水戸、その次は強敵 大分。
 昨日の完敗で、何かが変わってくる事を期待しましょう。

JUGEMテーマ:岡山ネタファジアーノ岡山にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へにほんブログ村 サッカーブログ JFL・地域リーグへにほんブログ村 サッカーブログへ
 

富山戦 引き分けでした

 富山戦はスコアレスドローでしたね。
 前半は際どいパスを通したり 色々な攻撃を見せていましたが、後半は富山の攻撃陣に少し手を焼いた感じで 一進一退でした。

 今回は特に新加入選手に注目して見てました。
 林選手は先週見た練習の時よりフィットした感じで これからが楽しみ。
 鎌田選手は前半はかなりいい攻撃を見せましたが、後半は推進力がなくなった感じ。それでもボランチに入ってからは、いい守備を見せました。
 片山選手は練習時の久保選手以上のパフォーマンスに思えました。もう少し早めに入れて、後ろからボールをどんどん供給してあげれば面白かったように思えます。

 妹尾選手は練習時もよく動いてましたが、ゲームメイク出来るほどの覚醒は本物でしたね。
 石原選手はオフザボールの動きがイマイチでしたが、調子が悪かったと後で知って納得。
 それ以外の選手は良くも悪くも昨年並みといったところでしょうか。

 後半始まって鎌田選手の推進力がなくなったあたりで「早く鎌田に変えて石原出せよ」と思ってましたが、なかなか交代カードを切られず。
 結局 変わったのは仙石選手でしたが、守備の軽い仙石選手よりもしっかり守備が出来る鎌田選手がボランチでいい感じでしたね。
 鎌田選手は一粒で二度おいしい(?)選手のようです。

 采配は相変わらず遅い感じでしたが、富山がなかなか動いてこなかったのも意識しての事だったでしょうか。

 もちろん勝つにこした事は無いですし、開幕ダッシュはしたいですが、采配も含めたチームの現状を見ると、最終順位は昨年とあまり変わらないくらいかと思ってました。
 そういう意味では「まぁこんなもんかな」といった印象。

 富山の中島選手・白崎選手はもう少し後の対戦で連携が強化してたらやられてたでしょうね。
 ファジの攻撃陣もあれくらいスピードがある選手が欲しい。

 余談ですが今年はいろんな場所で見ようかと、昨日はゲート8近くで初めてみました。
 ゲート10のコールは、見てると迫力の人数でよく動いてるんですが、声があまり聞こえてこない。
 中で声出してる時とまた違った印象でした。

 更に余談ですが、篠原選手が熊本で出場し、勝利してましたね。
 期限付き移籍の理由はわかりませんが、ファジの最終ラインで一番大切にすべき選手だと思ってただけに歯がゆく思います。


JUGEMテーマ:岡山ネタファジアーノ岡山にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へにほんブログ村 サッカーブログ JFL・地域リーグへにほんブログ村 サッカーブログへ

 

| 1/113PAGES | >>

selected entries

categories

Links(for me)

recent comment

recent trackback

archives

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ファジアーノ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

日程

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM